<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

山学

b0172140_20505975.jpg

うちのご近所には山博士、植物博士がいます。
時間をみては木のこと森のことについてご教授いただいています。
写真は’あかめがしわ’
若芽の部分が赤いのでその名前だそうです。
先生曰く、「あんまり役に立たない木やな~。材料としてもつかいにくいし、薪にしても火持ちがわるい・・・」そうです。

一昨日はクヌギとアベマキの違いなど子供と一緒に山歩きをして教えてもらいました。
これの区別がつく人はかなりマニアックということ。
よ~くみるとアベマキの方が幹が荒い・・・かな。
どんぐりがクヌギが毎年できるのに対してアベマキは2年に1回だそうです。
シイタケのホダ木クヌギですが間違ってアベマキに菌をうってもコルク質が暑くてシイタケはできないそうです。

そのほか山菜でよく食べるフキ。
昔はトイレの紙のかわりに使っていたから’フキ’だそうです。
本当かなぁ~~。これはちょっと怪しい・・・。

色んな事教えてもらいながら森の散歩。
たのしいです♪


[PR]
by t-w-s | 2014-07-28 20:50 | 森の話 | Comments(0)

機密住宅の落とし穴

今日、また失敗しました。
家の件です。
洗濯機にお湯とりをしていたところ、ホースが洗濯機からおちて床を水浸しにしてしまいました。

急いで雑巾で拭いたのですが、水がどこまで染みているかわかりません。

うちの床は上から
  1栗のフローリング2杉の下地 3スタイロフォームの断熱(上) 4スタイロフォームの断熱(下)
の4重はり。

床下に潜ってみると端の方から水が滴りおちて数か所水たまりになってました。

夫、
「あ~~~。床はりなおさんといかんかも・・・」

どこにどのくらい水がたまっているかわかりません。

寒さ対策に念には念をいれた断熱床。
隙間をつくらない高気密構造。

なので一旦水がはいったらなかなか抜けません。

前の家は床板一枚だったので水をこぼしても床下におちるだけ。
すぐに乾いてしまします。

まずは床下に潜って一番下の断熱スタイロフォームを一部はずしました。

水が滴る。

「うーーん(-_-;)」

床貼り直しとなると、壁もはがして、脱衣、トイレまでやり直し・・・。

とりあえず上から除湿機、ファンヒーター
床下に扇風機

で1週間くらい。

様子をみることにしました。

あ~~。
こんことなら断熱をあきらめるべきだったのか??

人にやさしい高気密住宅は家にはやさしくないのです。



[PR]
by t-w-s | 2014-07-22 20:52 | セルフビルド | Comments(0)

仕事してます。

b0172140_16275799.jpg



久しぶりに二人で工房で仕事しました。

家はまだできてませんが、
少しずつ仕事のウェートを増やしています。

私、約1年ぶりくらいにろくろ回したら、、、。
(*_*)
刃物がちゃんと砥げているかどうか
目のピントが合いません。

近くを見るときはいつも
眼鏡をはずすようになった昨今。

それを夫に言うと夫もそうだという。

木工の先輩方がいつも言ってました。
近くが見えにくいと。

50歳を前にしてやっぱり自分にもやってきました。
老 眼

朝起き抜け、階段降りるのが怖かったり、
腰を曲げたあとはゆっくりしか戻せなかったり。

体は歳に正直です。






[PR]
by t-w-s | 2014-07-15 16:27 | 共通 | Comments(0)

ラッキョウ漬け

b0172140_19373542.jpg



初めてラッキョウつけてみました。
近所の農家の方の畑から掘り起こすところから・・・。
根を切り落とし、水で何度も洗い流す。
塩2%をまぶして2時間置いておく。
ラッキョウ4kgお酢2L氷砂糖1kg。
お酢と砂糖を鍋で加熱してとかして
熱いのをそのままラッキョウに注ぐ。

これがずっとパリパリのラッキョウをつくるコツだそうです。

昨年に引き続き梅干しも付けました。

少しづつ
’土’に近い生活をしてます。

地域の知恵おばさんになりたい!

毎年1回しかできな季節の加工食。

全部奥深いです。


[PR]
by t-w-s | 2014-07-03 19:37 | 暮らし | Comments(0)