<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ファイヤーダンス

b0172140_21265887.jpg

助っ人G君が昨日東京へ帰りました。
彼はファイヤーダンサー。
友人数人をよんで最終日、夜。一度見てみたいという私達のリクエストに応えて即席の道具で魅せてくれました。
練習なしのぶっつけ。
いやーなかなかの迫力でした。
友人T君もジャグリングを披露してくれて、うちの庭が一夜限りの野外会場となり盛り上がりました。

そして、戸高家に30年以上眠っていた'蝮酒'の封印をとき、彼らのパフォーマンスに乾杯しました。

G君、インド旅行後また戻ってくる予定です。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-24 21:05 | 暮らし | Comments(0)

足場はずれました。

b0172140_2310301.jpg
先日2階の屋根の雨どいをつけてようやく足場を返すことができました。
普通は2ヶ月くらいらしいですがうちの場合は特例、結局8ヶ月貸していただきました。
しかもかなり良心的な価格で。

ギブスがとれてなんだか我が家が一人で立つ赤ちゃんのように心もとない感じです。

写真は北側。
北側で道路沿なので窓は全部小さいのですが、私的にはこちら側の顔が一番好きかも。
でも、これからこちら側にプロパンガスや排水パイプ、ゴミ箱などがくる予定。
こんなにスッキリしているのは今だけ。

桑の実が今年は豊作です。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-18 23:02 | セルフビルド | Comments(0)

田植え

b0172140_21133718.jpg

昨日は友人のところで田植えの手伝い?体験?に行ってきました。

もち米の緑米を手植えです。


このますの目印に苗を植えていき、ひっくり返しながらすすんでいきます。
苗をいれる腰につけるポケットは肥料袋に紐をまきつけて。

なるほど。。

どんな仕事も道具は賢く興味深いです。

夫は毎日あんなにご飯食べてるのに44歳にして初めての体験ということ。

かく言う私も40うん年にしてたぶん3回目くらい。

子供達が去年もやっているので一番手慣れた感じ。

夫は最近コミックの「玄米せんせいの弁当箱」を読んでいて、農的生活もいいなぁとか言い出してます。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-10 21:13 | 暮らし | Comments(0)

もう一度水源へ

b0172140_2193837.jpg

やっぱり、何故か夕方になると水がうっすら濁ります。
なので、今日は朝からみんなで山の水源へ行きましまた。
色んな道具を持って。
木にのみこまれた水源の枡。
まわりの木を切り、泥をかいて、壊れた枡を補修して。。

これで暫く様子をみます。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-08 21:09 | 暮らし | Comments(0)

今日の一日

今日は一日大工仕事もお休みして2か所、夫とでかけてきました
b0172140_2057389.jpg

「帆足本家 富春館」の赤木明登さんの展示会に行ってきました。
今日は赤木さんもいらっしゃるということで今日を選んでいってきました。
勇気をもって・・。

最初に自分の仕事を名乗って色々質問してきました。
まったくなんでも気さくに教えていただきました。
器は産地の伝統に裏付けされた安定感、完成度・・・。

夫は車の中で、いつもだけどいつも以上に興奮気味に話まくって・・・。
漆勉強したくなりました。


b0172140_20581182.jpg

午後からはこの春オープンしたばかりのcafeに器の納品に行ってきました・・。[「KANZAKI carpentry & CAFE]dkccafe.exblog.jp
こちらは夫が先日テーブルをおさめさせていただいたところで、以前からの友人でもあります。
ご主人は工務店を経営していて、こちらは事務所兼、ショールーム兼cafeです。
ご主人はアメリカで修行した経験があり、シェーカー家具がズラッと並んでいました。
初めての納品のときはやはり緊張します。
ご夫婦にも小さなお子さんがいらしゃることもあり、ショールームにはキッズスペースもありお客さんは子連れの若いお母さんがたくさんいました。
私もこのコーナーに[木まんじゅう]おさめてきました。

今日一日お行儀よく話していたので帰ってきても口の口角が少しあがったまんまです。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-05 21:32 | 共通 | Comments(0)

我が家の名水

b0172140_15132810.jpg

我が家の生活水は山からの湧水なのですが、一昨日急にコーヒーのような色の水が出てきました。

で、昨日は急遽水に追われる一日となりました。

水が沸いているところは、うちから山の方へ30分くらい、獣の足跡しかないようなところをはいっていったところにあります。
いつもは地域の長老と行っていたので迷わずいけたのですが、今回は夫と私とG君と3人でいったもんだから、迷いに迷い、ようやくたどりつきました。

問題なし。

次にタンクの中の掃除。

入口は写真のように狭いのですが、中は大人が2,3人ゆっくりはいれるくらいの広さがあります。
そこの中で沈殿している泥を3人で掻きだす。
結構重労働でしたが数年ぶりにタンクの掃除ができました。

一応やれることはやったのですが、これで解決すればいいのですが・・・。

今のところまたおいしい拓郷(うちの地区の名前)の名水がもどってきました。
[PR]
by t-w-s | 2013-06-01 15:13 | 暮らし | Comments(0)