<   2011年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ゆふいんの木工家たち展

b0172140_20245070.jpg

来年早々グループ展します。

先日このblogで紹介した’くぬぎの学校’の研修生二人とその外部講師によ木工展です。

このメンバー言い換えれば’アトリエとき’の時松辰夫の門下生のグループ展です。
(夫だけは門下生ではありませんが私との縁で参加します。)

先日NHKの番組’視点論点’に時松先生が出演して先生の師匠である工業デザイナーの故秋岡好夫の仕事と手仕事について10分間の話がありました。

時松先生の話はとてもわかりやすく手仕事について要点をついていて、さすがだと唸りました。

秋岡好夫は「消費者から愛用者へ!」「手の復権」「一人一芸の村」等、モノをデザインするだけではなく地域との関係性を重要視し、地域と人と深くかかわりながらデザイン活動行った工業デザイナーの草分け的存在で、今みても新しいと思えるデザインと発想がたくさんあります。。

その秋岡先生の手としてデザインを具体的に形にしたのが時松先生。


16年前なんとなくアトリエときに研修生としてはいり、それが縁で今の自分がいます。

40代半ばになって改めて思います。

やっぱり時松辰夫はすごい!と。

一生かかってもあそこには到達できない、と先がある程度見通せるこの歳になるとわかります。

物作り一筋。

色々他にやることがあるの、と言い訳を含め自分にはできません。

今、クラフトや物作りが以前とは変わったなぁ・・・と感じていいますが、夫と話しました。原点を思い起こし物つくりという仕事について向かい会おうと。

出展者8人、それぞれの物作りへの思いが見えると思います。
[PR]
by t-w-s | 2011-12-24 21:24

電磁波測定

b0172140_20412740.jpg

今日、家の中の電磁波を測定機をつかって調べてみました。

先日友人と一緒にいらっしゃった方が電磁波過敏症で、電磁波の怖さを改めて知ることとなりました。
その方が測定機を持っていて、興味がある人には測定機を貸し出してくれています。

高周波、低周波の測定機、関連資料を貸していただきました。

資料はまだチラ見ですが世界中がかなり危険な感じになってきているのかも・・・と不安になりました。

電磁波については私も多少は気にしていたのですが、(電子レンジを使わない、居間のホットカーペットは電磁波カットのもの、電話はできるだけ親機を使う・・・など)話を聞いていると思わぬものから電磁波がでているので一度しらべるといいよ、ということでした。

すると、ありました。
かなり高いヤツが。

つい2週間くらい前に買い換えたばかりの子機つきFAX電話。
高周波測定機は針が振り切りました。

すべての子機つき電話がそうではないらしいですが、これも測ってみないとわからないらしく、うちの新しい電話機はハズレのようです。(*_*)

他怪しいもの、パソコンの無線ラン。
普段は有線でやっていますが、ときどき無線で飛ばしていたので測ってみると、これも電話と同じくらいの数値でした。

それから寝室で使っているホットカーペットは電磁波カットではないのですが、これもかなり高かったです。
寝る前に布団を温めて寝るときに切る。それを励行していましたがそれだと影響はないそうです。

逆に居間で使っている電磁波カットタイプのホットカーペットは数値がほとんど’0’でした。

危険だと言われている携帯電話もやってみました。
耳元で使うことが前提なのでこれもかなり高い数値でした。
それからドライヤーも頭の近くで使うものなのであまり良くない感じです。

しかし、電話の電源を切り、部屋の電気を切った状態でのうちの中の電磁波は’0’でした。

これはかなりいい環境だということです。

というのはいくら家の中で気をつけていても近くの電線や携帯の基地局の影響で常に電磁波が家の中にあるというのはめずらしくないそうで、こうなると防ぐことも簡単ではないということです。

我が家に電磁波過敏症はいませんが、アレルギーと一緒で体に蓄積していくといつ発症するかわからないということです。

あまり神経質にはなりたくありませんが、一度調べて対処してあとは忘れてよい!というアドバイスをいただいたのでうちも新しい電話機だけなんとか対処してあとは忘れることにします。

興味がある方は貸し出ししてくれますのでご連絡ください。
[PR]
by t-w-s | 2011-12-19 20:41 | 暮らし

完全に冬になりました。

b0172140_19252644.jpg

先週金曜日は雪が降りました。

すべての暖房器具、ストーブ、ホットカーペット、湯タンポフル稼働です。

我が家は冬になると光熱費がぐんっとあがります。

電気の消費も灯油の消費も経済的にも環境的にも気になりますが・・・。

今年暖房グッズで’ペチカ’というの買いました。

ビーズ系のクッションの足がはいる形になってます。
熱源はなし。

一般の方は自分の体温ですぐあたたかくなるようですが、私の場合はその中にお湯のはいったペットボトルをいれないと足はあたたまりません。。。

先日、夫と盛りあがったのですが、
「受験の頃、足から腰まですっぽりはくやつで、足の裏のところ電気がはいるの使ってなかった?」
「うちのはズボン式になってて、ちょっとだけ歩けるの!でもコンセントついてるからほんのちょっとだけね。」
「あれ、結構有効だったよねぇ。。なんで今ないんやろ??」

40代の方は覚えがある方がいると思います。(^◇^)
[PR]
by t-w-s | 2011-12-12 19:25 | 暮らし

月刊 杉 「山田洋次監督用杉のディレクターチェア 」

以前、宮崎の日向市の映画祭の贈り物としてにディレクターチェアーをつくったという報告をさせていただきましたが、今回、「月刊 杉 11月号」でデザイナーの千代田健一さんがこの仕事について紹介してくれました。
夫も珍しく原稿を書いてます。
http://www.m-sugi.com/74/m-sugi_74_chiyo.htm

前回は裏方ということで微妙にぼかしていましたが、監督からも了解をとったということで改めてこの仕事の報告させていただきます。

山田洋次監督に贈る椅子ということで夫は最初からかなりテンションあがってました。

その日の椅子に座った監督とのツーショット写真は夫の宝物となってます。(^_^)v
[PR]
by t-w-s | 2011-12-07 19:55 | 家具

ラウンジチェアー

b0172140_944565.jpg

最近私たちはすごく忙しいというわけでもなく、仕事がないわけでもなく、、、。
めちゃくちゃ忙しくないと不安になったりもするのですが・・・。
(かなり貧乏症です。。。)

たぶんいいペースなのだと思います。

夫は昨日写真のラウンジチェアーを納品でした。
AGURA2の揺れないタイプなだけにも見えるかもしれんが、お客さんの体格に合わせたコンパクトな立ち上がりのいい椅子です。
以前も一度作りましたがすぐに売れてしまいました。

私も好きな椅子なので手元にないのが残念です。
[PR]
by t-w-s | 2011-12-02 09:04 | 家具