<   2010年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ぐえっ

b0172140_1617100.jpg

庭に年に一、二回姿をあらわします。

先日子供から出された問題。
ヒキガエルと言う名前は動きが緩慢ですぐに車にひかれるというところからきた?
〇か×か。

答え〇


授業でならったそうです。
[PR]
by t-w-s | 2010-07-30 15:49 | 暮らし | Comments(2)

発表会

先日19日は娘たちのピアノの発表会でした。

年に1回。
発表会となると子供もはりきり練習も積極的にして、ぐっと力がつきます。
何でもそうですが、何かきっかけがあると子供は普段の10倍くらい成長します。

去年は私も参加して親子3人連弾をしたのですが、今年はいつも一緒にならっているのお友達3人で連弾をしました。

発表会となると参加費やなんかで親としてもそれなりに出費があったり、親の方が本番に間に合うかしらとか気をもんだり、洋服だって普段着とはいかないし。

面倒くさいと思いつつ準備をするのですが、今年洋服は上の子はご近所の友人からのお下がりをもらい、下の娘は先日アウトレットモールでバーゲンで買いました。

結構カワイイです。(親バカ)
b0172140_7344659.jpg

髪飾りは何をしよう。。。と考えたり。
娘を持つ親の楽しみなのかもしれません
[PR]
by t-w-s | 2010-07-21 08:20 | 暮らし | Comments(0)

展示会のおしらせ

今、大分のパークプレースマグノリアコートにて「チェアー展」やってます。
大分の家具作家5人です。
ベンチ、アフリカチェアー、子供椅子を出展しています。

一度現場に行って様子を写真に撮ってからご報告と思っていましたが、なんだかバタバタで納品以来まだ行けてません。

うち以外の椅子もでているので、個性の比較ができて楽しいと思います。
8月1日まで。

もうひとつ。
佐伯で写真撮影会を兼ねた展示会をします。
こちらも5人展。
家具、焼き物、カトラリーなど。(今回うちは器のみ。家具は出しません。)

写真はプロのカメラマンが家族写真を撮ります。写真館で取るような感じではなく、普段の家族の表情を好きな作家の作品を手にしたりして撮ります。
写真は無料です。
できれば、作家が用意した額縁を一緒に購入していただいて飾ってほしいと思います。

で、私も額縁用意していますが、結局夫まかせ。
女性らしい感じというリクエストに夫は頭をひねってます。
黒と白の漆仕上げの予定です。

こちらは7/31~8/2まで。
写真撮影会は7/31のみです。(要予約)

場所:INNER LIGHT YOGA STUDIO
佐伯市来島町26-5
tel 0972-22-3728
080-4051-35788(小田)

b0172140_18202161.jpg

[PR]
by t-w-s | 2010-07-16 18:15 | 家具 | Comments(1)

キャンドルナイト

b0172140_20525694.jpg

今日はキャンドルナイトをしています。
ここ数年、我が家の夏の風物となりました。

ろうそくの灯かりも好きだけど、主なる理由は別。

うちの居間に網戸がないから。

熱帯夜、窓をあけたくなるけど電気だとあらゆる虫たちが我が家めがけて入ってきます。
ろうそくの灯かりだと窓全開でも虫はさほど入ってこないし冷たい心地よい風が入ってきて快適です。
[PR]
by t-w-s | 2010-07-07 20:52 | 暮らし | Comments(0)

木育(もくいく)

先日、町の図書館に行ったら「木育の本」というのがあったので読んでみました。

今、なんとなく小学校で食育の委員をしている私。毎朝パンかおにぎりしか作ってないのに食育を語っていいのだろうか?と思いつつ器も作っていることだしがんばってます。


ちょっとブームに乗った感のある「木育」という言葉。
2004年に北海道で始まった言葉らしく’こどもたちをはじめとする すべての人が「木とふれあい、木に学び、木と生きる」取りくみ’と書いてありました。

「食育」よりこちらの方が得意かも。。。

「木育」は木に触ることから始める。’五感と響きあう感性’を育み、循環する自然の流れを知る。

うちもお客さんに「どうぞ触ってください」「座ってください」「手にとってください」と木の素材間を実感してもらうため声をかけています。

磨けばツルツル、そのままだとザラザラ、木によって重さも違うし色や木目も違う。匂ってみるといいにおいのもの、変なにおいのもの、たたいてみると高い音、鈍い音、色々です。

今でもその感じは新鮮で子供たちがうちにきたらそれを体感してもらって、「わぁ」という期待通りの反応を見てニンマリ。

私たちが子供たちに体験させていたのはここまで。


「木育の本」を読んで当たり前のことを考えてみました。。

毎日見ている板状になっている材木。

これってどんな姿の木だったのだろう。。。
この木がどんな景色を作っていたのだろう。。。

そんなことを初めて考えてみて、心は遠い北米やシベリアまでとんでいきました。

木は森林としての役割、貯水、二酸化炭素吸収、土砂を防ぐ、いろんな動物を育む。
それから木材となり人間の道具としてまた同じくらい仕事をします。

木を大事に使いなさい。
子供に教えようと読んだこの本。私が「木育」されました。
b0172140_1843919.jpg

[PR]
by t-w-s | 2010-07-05 18:46 | | Comments(0)