<   2009年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

朝目覚めると

b0172140_13145716.jpg

今年の初雪です。
道路が凍る程ではありませんでしたが、山や木々が真っ白でとても綺麗でした。昼にはもうとけましたが。
夫は先週きたばかりの新しい(いや古い)車の四駆の力ためしがしたいと大雪をちょっと期待してたりもします。

雪がふると、仕事の塗装や接着が滞るのに。
[PR]
by t-w-s | 2009-12-16 13:14 | 共通 | Comments(0)

看板が・・・。

昨日、車で実家から帰ってきたとき気がつきました。

国道に出していた「家具と木の器」(イラスト付)のうちの看板がなくなっている。。。

2回目です。
1年ほどまえガードレールにくくりつけている針金が切られ、横に放られていました。

今回は看板がどこにも見あたりません。
やはり針金がニッパーか何かで切られている形跡がありました。


確かにうちの看板は違法看板です。

数ヶ月前、それについて指導がありました。

うちとしても多少のお金を払っても合法に建てたいんだ、という旨話しをしました。

しかし、看板をたてているところは国有地で、そこに借地料のようなものを払うことはできず、かといってそれ以外のところでは国道からはいるうちの店の入り口がわかりません。

この取締りをしている国土交通省は無断で撤去することはないとのことでした。


九重町の一番の観光地の飯田高原は違法看板の取り締まりが厳しいそうです。
ある店は’ノボリ’のように国道沿いに何十も立てているところもあります。
かなり景観を損なっていると思います。
看板が台風などの強風のときは道路の保安上問題がることも多いようです。

うちは台風のときなどは一旦撤去して、また付けるということをしていました。

飯田で店をやっている友人と話しました。
宣伝の為の看板と、店の入り口を示す為の看板を同じように取り締まられるのは納得がいかない。と。


もし、誰かが邪魔だと思って撤去したのであれば、直接言ってきて欲しいのですが、黙って撤去されてしまったことになんだか気分がめいってます。。。

しばらく夫は看板をつくる時間の余裕はなさそうだし、もし看板ができたとしても当分また同じところに立てる気持ちにはなれないし。。。


すみません。当分看板なしです。

初めて訪ねてくださるお客さんは申し訳ありませんがご連絡ください。
詳しく説明します。
看板がなければ国道の入り口は絶対わかりません。。。
[PR]
by t-w-s | 2009-12-14 20:26 | 共通 | Comments(4)

食器や玩具の塗膜と食品衛生法

かなり硬いタイトルですが、昨日はこれの講習会に行ってきました。

現在、家具の塗装はメインはオイル、お客さんの要望によってはウレタンを塗ることも。
私の器の塗装はオイルと漆ですが、ちょっと前まではウレタン塗装を主流にしてきました。
お客さんには「食品衛生法をクリアーしている安全な塗料です。」
と説明してきました。

でも、食品衛生法ってなんだ??

今までぼんやりしかしらなかったことを勉強してきました。

食品衛生法とは、器に塗っているウレタンなどの合成樹脂そのものが、有害物質(カドミウム、鉛)からできていないこと、また使用時に塗膜からでる溶出物が国の定める基準以下であることの検査。

検査方法は溶出物検査の場合ある一定面積にたいして決められた一定の試験溶剤をひたして食器の場合95度で30分間ででる溶出物の検査。
それと過マンガン酸カリウム消費量。(これはよくわからなかった。(^_^;))

材質試験はけい光X線での元素分析。


以前塗料メーカーにその結果を送ってもらったことがりますが、溶出検査は重金属の1ppm以下などの基準値を大きく下回るとい簡単な表のようなものが送ってきた。

昨日の説明だと検出物’0’という結果はありえないということです。

結局国の定めた一定の化学物質がこれまた国が定めた一定量を超えていません。という証明ということです。
他に個人的に気になる化学物質もしくは自然界に存在する人体に有害な物質などがでているかどうかまでは検査してくれない。

ん~。
完全に安全とは言ってくれないんだ。。。

でも、完全に安全ってなんだ??

天然塗料ならば有害物質が’0’かといえばそうではない。
自然界にも多くの有害物質は含まれているし・・・。

色々の説明後、個別相談にも応じていただいたのですが、そこでの話し。

たとえ同じ塗料を使っていたとしても、使用者が違えば環境の違いで同じ結果がでるとは限らないということ。例えば接着剤。A剤、B剤を完全が完全に混ざっていなければ硬化しきれないものが悪さをするので分量、練り方などにより結果が違ってくる。

簡単な判断基準として、例えばお椀などお湯をはってプンッとなにか人工的な臭いがすればそれはなにかしらの化学物質が出ていると思って間違いない。

今回の講習会の先生が何度も言っていたこと。
「安全と安心は違うんです!」

食品衛生法をクリアーしていれば安全とは言えても、安心ではないということ?!


たまたま一緒になった木のおもちゃをつくる’おひさまとかぜ’さんと話しました。
「安心は顔が見える人がつくっているっていうことだね。。。」
[PR]
by t-w-s | 2009-12-10 22:38 | 共通 | Comments(0)