<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハートスツール

b0172140_19514171.jpg

b0172140_19514119.jpg

前々々回のスツールのブログの続き。
先日5歳の娘に却下された子供用ダイニングスツール。
私が思いつきで子供用にハートの形にしてみたら!というリクエストに夫、本気で応えました。
ホントにつくるとは思ってませんでした。。。
ビーチでソープ仕上げです。

先日の展示会では全ての人から無視されたとへこんで帰ってきた夫ですが、うちの子供たちにはうけました。
姉妹で取り合いです。
今は一日交代で使ってます。
私の狙い通り、背筋がキチンと伸び、行儀よく食事をしています。

ハート形に多少テレがあったのか、形に迷いがありお尻スツールという感じです。

’桃尻スツールってのはどう?’
夫はこの提案にも抵抗があるようです。

先ほど’ハートスツール’というキーワードで検索すると結構ありました。
フリフリのレース調のものから、カントリー風のものまで。
こんなに硬いハートスツールは他にありませんでした。

このスツールに将来が見えてきました。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-30 19:51 | 家具

きゅうす

b0172140_22214091.jpg

今日、隣町の玖珠で急須をつくっている友人、teppei窯に行って急須を3つ持って帰ってきました。
一つは自宅用。あとのふたつは店のディスプレイ用です。好みのうるさい夫(かなり主観的)も「佇まいがいい」と気に入ったようです。
お土産にもらった嬉野の温泉豆腐がまた絶品でした。(藤川豆腐)
急須のお金は、支払いもせずにお釣りを貰って帰るとうという、またまた大ボケをしてしまいました。
近々また行きまーす。(^_^;)
[PR]
by t-w-s | 2009-06-25 22:21 | 共通

今日の一日

夫は今年ここ10世帯くらいの部落の区長をしていて、地区の出ごとが結構いそがしいです。
今日も部落半分をやしなってくれている湧き水の点検に朝から二人でいきました。
b0172140_2254989.jpg

家から5分の小山。ここで水をためています。
今日はこのタンクの中の水をぬき、掃除をしてそれから壊れたところをセメントで補強しました。
b0172140_22542774.jpg

次に山の水源へ点検にいきました。(山の奥へ15分)水がかなり少なくなっていました。
b0172140_22544648.jpg

部落の人からうちの畑について色々アドバイスをもらい、まずは支柱の竹をとりに竹林に連れて行ってもらいました。
b0172140_2255069.jpg

畑にいれる堆肥(発酵した牛のうんち)をトラクターいっぱいもらいました。
b0172140_22551631.jpg

ざ・田舎暮らし。
夫は70代のおばあちゃんより先にへたばってました。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-15 23:01 | 暮らし

桑の実

b0172140_18445374.jpg

うちはもと蚕倉庫。
桑の木がまだ6,7本あります。そのうち実がなる木が4本。今日はザル一杯とってジャムつくりです。
先日友人から桑の実の中にある茎の簡単な取り方をならったので、今年は大幅に時間短縮できそうです。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-14 18:44 | 暮らし

スツール

b0172140_19392669.jpg


夫の今月18日(木)からはじまる'木の手仕事展’に出す予定のスツールの製作風景です。
先日まで前回ブログの大きな仕事に追われていたため、ほとんど時間がとれません。
で、短時間でボリュームがだせるにスツールを数種類。
昨日、今日セッセとつくっています。

私のリクエストは子供用スツール。
ダイニングの食卓用です。
7歳と5歳のうちの娘二人もつい先月くらいまで子供用の高さが変わるダイニングチェアーをつかっていたのですが、アームを股越すかんじで座りにいくのでかえって危ないとおもい、大人用のダイニングチェアーに市販の高さが15cmくらいのウレタンクッションを置いて使ってました。

以前から行儀が悪く、ダラダラとした姿勢で食べているのが気になっていて、それで思いついたのが子供用ダイニング用スツール。

高さは子供がテーブルで食事をするのにちょうどいいくらいにして、足が遊ばないように貫きを入れる。
成長にあわせて椅子の脚を切っていく。
背もたれがなければおのずと背筋ものび、遊び食べをすることもなくなる。
子供は大人と違って食事をしながらくつろぐことはないので、食べる間くらい背もたれがなくてもいい。

「3歳をすぎたら子供用のダイニングチェアーではなくこの子供スツールがおすすめです!」
というセールフレーズがうが浮かんだ。

おお。。。我ながらナイスなアイデア。
家具屋として子供との生活から生まれた説得力のある提案だ。。。

と思い、とりあえずおそろしく行儀の悪い5歳の娘にスツールタイプのピアノ椅子で食事をさせてみると、
食事中背もたれることもなく、さっと食事をすませるようになりました。
コレはいける!


しかし、娘が先日急にこのピアノスツールを拒否。

理由は「大人には背もたれがあるのに子供だけないのはズルイ。」


むむ。
あーだこーだ説得しようとしたけど、「じゃあ、お母さんも背中がないのに座ってよ。」
「・・・・・」

結局’きちんとお行儀よく食べること’を条件にもとのウレタンクッションをのせた背もたれのあるダイニングチェアーにも戻りました。

企画倒れ。

しかし、この子供スツールはこの展示会でお目見えする予定です。


「木の手仕事展」
6月18(木)~6月24(水)
九電イリス(大分市金池町コンパルホール前)
TEL097-534-2877
「木が好きで好きでたまらん会」7名他1名

お時間がある方お立ち寄りください。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-11 19:39 | 家具

夫の仕事

そういえば私のブログに夫の家具があまり登場しないことに気がつきました。
b0172140_23132451.jpg

私の夫は毎日家具つくってます。
先日大きな仕事が終わりました。
古民家再生の家のキッチンのカウンターと吊り戸棚と食器棚。
部屋がひろいので大きく見えませんが長い間うちの工房を占領してました。
詳しくは近々HPにUPします。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-08 23:19 | 家具

オイルの器宣言

b0172140_22175466.jpg
ずーっと迷っていたことを一歩ふみだすことにしました。

脱ウレタン。

昨年’オイル仕上げの器展’などやりながらそれでも’うちの白木の器はオイル仕上げです!’となかなかいいきれないここ数年。
ウレタンとオイルの両方をやっていいたのだけど、一見区別がつかずお客さんへの説明もイマイチ説得力がない。
お客さんも迷わせてしまっていたのです。

ウレタンも決して悪くはないのです。
醤油や油は染みないし、だれにでも気軽に使えるし。
安全面でも問題ないと思います。

オイルの器は染みもできるし、ゆがみもウレタンより強く出ます。
人によってはよごれているようにみえるかもしれません。

でも、オイル仕上げの器が使っていて心地いいのです。
私には。


ウレタンのガン塗装という作業もつらく、それから開放されたいいという気持ちもありました。
わがままですが。。。

ちょっと前、知り合いの店でコーヒーをのみながらそんな話をしていたら
’今月の芸術新潮読んだ?パリの骨董屋の話”私は売れるものを置くいているのではなく、好きなものを置いている’って’それが一番強いんだって・・・’



オイル仕上げの器がはたしてどこまで使えるものかというのも不安がありました。
どのくらいの頻度でメンテナンスが必要なのか、カビがはえるのではないかとか、オイルの臭いが料理にうつるのではにか・・・とか。

うちでオイルの器を使って約12年。
ほとんどメンテナンスはしてません。染みや木が白けてくるのが気になってきたらオリーブオイルを塗るとよみがえります。

使わずに何ヶ月もおいておくとカビがはえました。
でもあまり長く放置しないで洗えばとれした。(表面についた汚れにカビがはえただけでした。)

オイルの臭いははじめのうちは熱いものをいれると料理にも影響があります。

数ヶ月使い込んだサラダボウルに汁をいれたりしますがもう臭いは気になりません。
でも、味噌汁などの汁椀は漆を塗ろうと思います。それが一番おいしそうに見える気がします。

カレーを盛ってみました。
やはり木が黄色に染まりました。(^_^;)

半年前につくった杉のオイル仕上げの器を今ほぼ毎日つかってます。
痛みが全々気にならず予想以上です。

20年はもたないかもしれないけど10年は十分にいけると自信がつきました。

オイルの種類は現在まだ試行錯誤中。

オスモカラー、アウロ、リボス・、プラネット(どれも自然塗料といわれる代表的なものです。)・・
どれも使ってみましたが、耐久性は同じように優れていると思いました。

問題は臭い。作業性、仕上がりもそれぞれ違います。

仕上がりが一番いいのはオスモ、でも臭いの特性から今はアウロとリボスをつかっています。

メンテナンスとして小分けもしていますが、一番身近に手にはいるオイルとして’オリーブオイルがあります。
しかしこれは半乾性油で上にあげたオイルの主成分が亜麻仁油、桐油、ひまわり油などの乾性油に比べると強度はおちます。(菜種油などは非乾性油です。)ホームセンターなどに一般的に売っている’クルミ油’などもよいと思います。


今までウレタン仕上げの器を買っていただき応援していただいたお客さんには本当に申し訳ない気持ちです。
ここがなかなか踏み切れなかったところでもあります。


一方、夫は家具の塗装にはこれからもオイルをメインにウレタン他いろんな塗装をTPOにあわせて使い分けると言っています。
[PR]
by t-w-s | 2009-06-04 20:43 |