防水シートのつぎは庇

b0172140_992258.jpg


防水シートで覆うと、中が家らしくなりちょっとだけあたたかくなりました。
写真にうつっている防水シート。ロゴが緑のと青のがありますが、緑のほうが縦線が入っていてよかったです。、
ちょっとしたことですがカットするときの作業効率が違いました。

防水シートの次は庇。

今までなにげなく見ていた庇ですが、この庇の出具合で夏の熱い日差しをカットし、冬の暖かい日差しをいれるということを再認識しました。

私としては9月の日差しは遮り、10月の日差しは入れたい。
と思ったのですが・・。

では3月は??

そうか。。
9月と3月の日差しはほぼ同じ角度でした(^_^;)

夫の教科書によると
庇の出寸法は「開口面の高さ×0.3」が目安ということ。(「エアコンのいらない家」山田浩幸著より)
(夫は今回の家つくりのため、10冊以上の教科書を手にいれてます(*_*))

8月9月の日差しは’よしず’などで遮りましょうということでした。

なるほど。


ひとつひとつ家のしくみを確認しながらすすめてます。
[PR]
by t-w-s | 2013-01-23 18:27 | セルフビルド
<< 鍋敷き 明けましておめでとうございます >>